Direct to Consumer D2C戦略支援 Direct to Consumer D2C戦略支援

Direct to Consumer D2C戦略支援

ABOUT D2C

アメリカでは2010年代に台頭し、日本でも2010年代後半に新しい流通の概念として誕生したD2C。良く言われている概要としては自社の商品を直接お客様に届ける販売手法です。ASP(製造直販)との違いとしては、店舗を有しているかどうか、という視点やデジタルファーストかという視点、また世界観とデータ活用を大切にしているという点も違います。その他にもSNSをメインにしたお客様と直接コミュニケーションを取り、お客様と一緒にブランドを創り上げていくスタンスをとっているブランドが多くあります。2020年の大きなトピックとしてのコロナ禍をきっかけに日本でもオンラインでの販売が最注目され、その中でもD2Cの注目度は非常に上がりました。

  • キールがD2Cを注目する理由

    キールがD2Cを注目する理由

    キールがD2Cを注目する理由としては、商売の本質的なところとテクノロジーの掛け算をして、未来を創っていっていると感じるからです。
    D2Cというのはただの概念というかセンセーショナルな言葉なだけで表面的な流行りという意味で追いかけることはありませんが、意図するところは今まで流通業を自社で取り組んできた事業体として言語化は出来ていませんでしたが、同じ価値観、同じ考え方だな、と思ったからです。
    これからはお客様から愛される商品やブランドでなければなりません。ただ今まではなかなかそういう商品やブランドは発信力や価値が伝わることが少なかったように思います。それがD2Cというか今の世の中では少しずつですが、可能になってきているような気がします。
  • BtoBやBtoCとの違い

    BtoBやBtoCとの違い

    BtoBやBtoCとの違いを整理したいと思います。これも言葉の定義なので、特に意味はないと言えばないですが、思考の整理のために記載しておきます。
    BtoBは法人間の取引を指し示しますので、D2CのCに当たるコンシュマーに直接的にアプローチしないという意味でそもそも間違いようがありません。ただBtoBの下請け会社が自社の強みを使って自社のオリジナル商品を作りD2Cとして売り出す、というのはこれから出てくると思います。BtoCは企業が個人のお客様に販売するので、大きな枠組みとしてはD2CもBtoCの中に入ると考えられます。
    ただし、その違いはASPのところにも記載しました今の時代性を捉えたメーカーが直接的にお客様と繋がるところ、デジタルやSNSの活用、そして世界観を大切にしているところに大きな違いが見えてきています。
  • D2Cが担う未来

    D2Cが担う未来

    該D2Cが担う未来を想像すると、これは理想論でもあるかもしれませんが、機能性や利便性などの価値ではなく、もっと情緒的な価値を大切にするブランドや商品が増えてきて、より豊かな人と人の関係性が構築されていくような気がします。その輪が広がり、商品やブランドの発展を共に築いていく、そのようなあり方が少しずつ増えていくと感じています。
    ただすぐに大きく世の中が変わることはないとも思っていて、各社の時間軸や収益軸でバランスを取りながら、時間軸がある程度長く取れて、収益軸も短期ではなく長期で見れる会社はD2Cブランドをじっくりと育てることができて、最終的には強いブランドになるのではないか、と考えています。

ABOUT D2C

デジタルトランスフォーメーション(DX)導入の重要性

該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。

D2C事例紹介

該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。

他社のD2C戦略支援との違い
  • 現場ベースで取り組む業務改善の実施速度
    D2Cを体現する実店舗と
    ネットショップの運営と現場経験
  • 社員の意見を取り入れたシステムや業務フローの最適化
    海外企業・国内企業の
    現地視察による最先端ノウハウ
  • エクノロジーを取り入れた最適なソリューションのご提案
    テクノロジーと小売業の両軸から
    アプローチする社内教育

該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。
該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。

FLOW

該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。

  • お問い合わせ
    お問い合わせ
  • ヒアリング
    ヒアリング
  • ご提案・お見積書提示
    ご提案・お見積書提示
  • お打ち合わせ・ご契約
    お打ち合わせ・ご契約
  • プロジェクトスタート
    プロジェクトスタート
  • STEP.1
    該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。
  • STEP.2
    該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。
  • STEP.3
    該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。
  • STEP.4
    該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。
  • STEP.5
    該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。該当する文章が入ります。
D2C戦略支援事例紹介

CONTACT USご相談&お問い合わせ

WEB活⽤における集客・売上アップ、実店舗とのシステム連携、
商品の開発・展開、海外向け販売サイトに関してなど
お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

【1営業日以内にご返信】メールでのお問い合わせは24時間受付中

お電話でのお問い合わせ

078-381-7035

受付時間/平日 午前9時〜午後6時まで